スマイルハウス106羽村店のモヤモヤおそうじ日記

人生は旅をしているようなもの。 出会いや別れ、想いなどを風景のように見てみる。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近ではよく雑工的な事をやるが、拙者は掃除屋であり
それ以外はちょっと・・・
場合によっては
お断りする事が、多かったのであるが
「それだけで業者を呼ぶと結構な値段なんだよねえ」
といわれる事もあり、空室などで一番多いと思われる
網戸張替を実施。 まずは自宅で修行するのだ。
DSCN1148.jpg









作業場は2階の掃出しのベランダに決定
理由は簡単、窓の横で下が水平だから
まず、カインズホームで網、押えゴム、張替用ローラーを購入。
他の道具は持っているものでチャレンジ
拙宅の網戸のゴムは交換した事がないのでぼろぼろなのだ
ゆえに、「古いゴムを引っ張って外す」という事が
できずに下画像のようになってしまうのだ
DSCN1150.jpg









しかし、押えローラーの鳥の口ばしみたいな側と
ドライバーでざっくり取ってしまったのだ
最初は時間がかかったが、慣れればどうということはなく
とれた。ボロボロゴミがいっぱいでたけど
DSCN1157.jpg



















それと拙宅の網戸は上下分割の為
一枚の網戸で2枚分労力を使う事になる
だが修行の為、ちょうど良い
こうゆうタイプの場合は上下いっぺんに剥がさずに
一枚ずつ剥がさないと枠が歪む時があると
ユーチューブが言っていたので
そのとうりにやってみた
DSCN1153.jpg









まず上画像のあたりから、はじめたのだ
洗濯バサミはクリップの代用である
ローラーのくちばし側でゴムを押し込んでから
ローラーでコロコロとゴムを押し込んでいく
DSCN1155.jpg









最初にゴムを入れた箇所まで到達したら
つなぎ目より少し長めにカットして
つなぎ目側からゴムを押し込みあとは、くちばしでグイッと押しこんだ
DSCN1159.jpg









以外にも張りをそれほど気にする事もなく結果的には
DSCN1158.jpg
















うまく交換できた感満載なのです。たるみ無し
網目も歪んでいないよ
ユーチューブ先生ってスゴイ!!
しかし・・・拙者はやってしまった。
カッターで網を切る最後の最後で
ニャ~ 猫の鳴き声がしたので んっ と反射的に
声の方をみた瞬間に張替た網をカットしてしまった。少しだけど。
トホホなのだ・・・やり直し。
今回の感想と反省点
①最初に交換ゴムを入れる時、案外と固いので
 枠の内側にズルッとこけないよう気をつける
②ローラーの径の左右が大と小なので
 最初は大側をゴムの外側(枠側)
 「決める時」はゴムの内側(網側)に
 使うと 「張り」 がでるみたいだ
③猫の鳴き声が聞こえても目をそらさない
④ナック5を聞きながら作業する(他局でも可)
⑤冬の2階のベランダは寒い


今回のコンセプトは自宅なので 「なるべく安くやっちゃる」
ということで野口英世くらいで出来てしまった。
しかし、材料、工具すべてにグレードがある。
当然、高グレードはいろんな意味で良いらしい
今回は良しといたしましょう
結論としては作業は途中やり直しがきくので何とかなるのだ。
ちなみに今まで掃除以外でやらせて戴いた事は
障子張替、塗装、草刈り、押入れの中段交換、
DIY的な木工作業、等々だったとおもう。
なんで網戸張替えやらなかったのかなあ。
お掃除するならスマイルハウス106羽村店























管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://takubuta.blog114.fc2.com/tb.php/91-41c864d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。